2008年01月28日

ついに・・ここまで来たか。。

ある種の細菌の全遺伝情報(ゲノム)を含んだDNAを人工的に完全合成することに成功したと、米国のクレイグ・ベンター博士が率いる民間チームが、米科学誌サイエンス(電子版)に24日発表した。できたのはゲノムの合成までで、細菌そのものをつくったわけではないが、今回の成功で、望み通りのDNAを持つ「人工生命」をつくり出す技術に一歩近づいた。

 有用な人工微生物の開発につながる可能性がある一方、生物兵器開発に悪用される恐れも指摘され、こうした研究の監視や規制の在り方をめぐり議論が起きそうだ。

 ゲノムの合成はウイルスでは既に実現しているが、細菌のように大きなゲノムの合成は技術的に困難だった。

 チームは、細菌の中では最小クラスのゲノムを持つ「マイコプラズマ・ジェニタリウム」のDNAを、設計図である遺伝情報を基に約100の区画に分けて化学合成。それを特殊な酵素を使うなどしてつなぎ合わせた後、酵母菌に組み込んで完全なゲノムを得た。

 できたゲノムは、意図的に取り除いた病原性にかかわる遺伝子を除き、自然の細菌が持つすべての遺伝子を持っていたという。

 ベンター博士は、ヒトゲノム解読で国際共同チームと競り合ったことで有名な研究者。(共同通信より)


ぬぉぉおぉ。
ついに、ここまで来ましたね。

人口生命とかいうと、一昔前までは、SFの世界でしたが、それが実現されつつあるのですね。

でも、これは神(自然界)への冒涜的な感じがします。
何か、大変な方向へ向かってしまわないでしょうか??



それにしても、遺伝子関係の分野は、すごく発達していると思うのですが、宇宙関係は、さっぱりですね。。
かかる費用がちがうから、しょうがないか。。。
posted by toujou at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のガソリンって安いんだって

福田首相は28日午前の衆院予算委員会で、ガソリンの暫定税率について「我が国のガソリンの値段は、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち25番目で非常に安い。欧州は環境への配慮を理由に税金が年々上がってきたが、日本は一貫して変わっていない」とした上で「(暫定税率の)税金を何としても維持しないといけない。広い意味で環境関連税制という受け取り方をすべきだ」と述べ、税率維持に理解を求めた。

 ガソリンの暫定税率維持を含む租税特別措置法改正案などについては「歳入予算の裏付けになるもので、(年度内に)通らないと国民生活に対する影響は計り知れない。混乱を防ぐ意味で年度内成立をお願いしたい。野党にも要請申し上げている」と強調した。

 スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席については「我が国としては(環境問題などで)できることはやっていく姿勢を表明して、各国から理解いただけたと思う」と述べた。

 北海道洞爺湖サミットでの温室効果ガス削減に向けた取り組みについては「現実的なことを一歩一歩進めながら、他の先進国を説得していく。国民にも協力をお願いしていく」と述べ、国を挙げた取り組みの必要性を強調した。自民党の園田博之氏、公明党の北側幹事長の質問に答えた。

(読売新聞より)


そっかぁ〜。 じゃ うちらは幸せなわけですね。
さすが、福田首相。

あなたに任せておけば、日本は安泰ですね。
posted by toujou at 16:05| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。